イヤーマフは耳全体を覆い防音保護や防寒に最適ですよね。
特に防音性が高いイヤーマフは音楽を繊細に聞くことができて人気です。

最近はワイアレスで、使っているときの動きに制限がなかったりと身軽さも評判です。どうせなら使い勝手の良さに加えて、音質にもこだわっている方が良いと思う方は多いでしょうが、防音性の高さだけにとらわれてしまうと、意外な弱点のある商品を選んでしまいます。

目次

イヤーマフの形状

最近のイヤーマフは耳の奥に響くような構造に凝っている商品も多く、重点音から高い音もきれいに耳に届けてくれます。その上、しっかりとしたフィット感で外からの音をシャットアウトしてくれたり、耳の形にとらわれず形が変わるイヤーマフなど形状も変わってきています。

その形状を利用して隙間のないフィット感を出しつつ、素材は耳を締め付けないソフトで痛くない、疲れないものが増えているのは嬉しいことですよね。

イヤーマフの防音性

これだけ進化しているイヤーマフですから、防音についてはかなり高いレベルまで性能がアップしています。
そのため選べる幅も広がっていますし、新しい機能も登場しています。

ズレれる理由は

つい、防音ばかりに目が行ってしまいますが、ついでにズレない仕掛けにも注目してみましょう。フィット感もアップしているので通常は動かないことが多いですが、例えば立ったり座ったりするときや、頭を下に下げたときなど動きを少し入れてみても、ズレないかどうかは大きなポイントです。何かをしながら使うことが多いイヤーマフですから、当然頭が大きく動くことも出てきます。まっすぐの頭の時に動かないのは当然として、多少の動きにも動じないほどのフィット感があるかは、実際の生活の中で使うときに差が出てきます。

動きへの耐久性

長く使い続けるには動きへの耐久性、つまりズレないことも見逃せません。イヤーマフを選ぶときには、音の質や防音性だけではなく、使う場面に合わせて耐久度についても比較してみるのも1つの手です。

まとめ

その点をクリアしたイヤーマフを探せれば、さまざまな場面で使いこなせて楽しみが広がります。
試着の時や口コミなどで実際のズレない度合いも情報を集めておくと安心です。